根管治療とは?

歯の神経まで冒された重度の虫歯になってしまうと、根管治療が必要になります。根管治療とは、いわば“歯の根の治療”。歯の根の内には「歯髄」とも呼ばれる歯の神経が入った「根管」があるのですが、根管治療では虫歯に冒された神経を取り除いて洗浄・消毒し、根管内に薬剤を詰めてを無菌状態に保ったまま密閉して歯を守ります。

根管治療が必要な虫歯とは?

根管治療が必要になる症例としては、おもに次の2つのケースがあります。

1.神経まで感染している虫歯で、根管治療で歯の根を残すことができる場合

2.以前に受けた根管治療が不十分で再感染してしまった場合

根管は非常に複雑な形状をしているため、肉眼で見ることはできません。また、根管内の清掃・消毒が不十分であったり、完全に密閉できなかったりした場合は、歯の内部に再び細菌が繁殖して「根尖性歯周炎」になり、突然の激痛に襲われるなど、前よりも重い症状となってしまうことがあります。

根管治療には高度な技術力が求められます。当院では、再治療のリスクを防ぐためにも、一つひとつの処置を疎かにせず、細心の注意を払って治療にあたるのはもちろん、根管治療の経験を積んだ歯科医が担当します。安心してご相談ください。

根管治療の手順について

検査・問診

検査・問診

治療を開始する前に、必要な検査を行います。過去の治療歴や症状についてなど、患者様のお話を伺います。

被せ物・詰め物の除去

被せ物・詰め物の除去

まず、歯の被せ物や詰め物を取り除いて根管を露出させます。

根管内部の清掃

根管内部の清掃

虫歯に冒された歯の組織や神経、根管の内部にある汚れを専用の器具を使って完全に取り除きます。

洗浄・消毒

洗浄・消毒

根管内部を徹底的に洗浄・消毒します。

根管充填(根管を密封する)

根管充填

専用薬剤を根管内に詰めて完全に塞ぎます。根管充填のあと、歯の根を整え土台を入れ、詰め物・被せ物を装着します。

根管治療の重要性について

近年は、「8020運動」などに代表されるように、年をとっても自分の歯を残すことが大切だと広く認識されるようになってきました。ひどい虫歯だからといって安易に歯を抜いてしまうと、咬む力がだんだん衰えて、全身の健康状態にも影響してしまいます。

当院では、できるかぎり神経を保存する治療を行いますが、それが難しい場合は、根管治療で歯を残す方法を選択します。たとえ根管治療で神経を抜いてしまっても、それだけご自身の歯を残すことは重要なのです。

根管治療が終わったら

神経や血管などの組織を取り除いた歯はダメージを受けやすく、痛みを感じないため虫歯の再発に気づきにくくなります。根管治療後は健康な状態を保つために積極的に定期健診を受け、適切な予防ケアを続けましょう。

定期健診・予防ケアについて

  • ページトップへ戻る