「固いものが咬めない」「歯ぐきから血が……」

歯がぐらついてしっかりものを咬めなかったり、ブラッシング時に歯ぐきから血が出たり……といった症状はありませんか? このような症状がある場合、まず原因として考えられるのが「歯周病」です。

成人のおよそ80%が歯を失う原因となる歯周病を罹患

歯周病は、口腔内に繁殖する細菌によって引き起こされ、最悪の場合は歯が抜け落ちてしまう感染症です。「年を取ると歯が抜けるのは仕方ない」「歯ぐきも老化するため出血しやすくなる」と思っている患者様もおられますが、けっしてそのようなことはありません。成人のおよそ80%が歯周病を罹患しているとされており、この歯周病が原因で歯を失う方が多くいらっしゃるのです。

歯周病は、かなり進行するまで目立った自覚症状がありません。そのため、気づいたときには重症になっていることも少なくありません。歯周病は、早期に発見できれば簡単に治療できます。「何か変だな」と思ったら、早めに受診しましょう。

歯周病の進行段階

歯ぐきが赤く腫れる(歯肉炎)

歯と歯ぐきの間の「歯周ポケット」にプラークなどの汚れが溜まり、歯周病の原因となる細菌が繁殖して炎症を引き起こします。歯ぐきが赤く腫れ、ブラッシング時に出血が見られることもあります。痛みなどはありません。
【歯周ポケットの深さ】2~3ミリ程度

初期の歯周炎

さらに細菌感染が進んで歯周ポケットが深くなります。歯ぐきからの出血があっても、痛みは感じない場合がほとんどです。
【歯周ポケットの深さ】3~4ミリ程度

中期の歯周炎

歯ぐきの炎症が進み、歯ブラシやデンタルフロスの刺激で出血することが多くなります。歯周組織の破壊が進んで歯を支える顎の骨が溶けてきます。
【歯周ポケットの深さ】4~5ミリ程度

重度の歯周炎

歯ぐきが赤くぶよぶよとして、出血や膿、口臭などが発生してきます。歯周組織の破壊がさらに進み、歯ぐきが退縮します。
【歯周ポケットの深さ】5~6ミリ程度

末期の歯周炎

歯ぐきが赤紫色に腫れて、少しの刺激でも出血するようになります。歯を支える顎の骨が破壊され、歯がぐらついて食べものをしっかり咬めません。このまま放置すると、歯が抜けてしまう場合もあります。
【歯周ポケットの深さ】6ミリ以上

歯周病の治療法

歯周病の治療法として、当院では次のような処置を行っています。

ブラッシング指導

ブラッシング指導

口腔内改善のためには、口腔内を清潔の保つことが重要なポイントとなります。正しいブラッシング方法でセルフケアを行っていただくために、経験を積んだ歯科衛生士が、患者様のお口の状況に合った効果的なブラッシング方法を指導します。

スケーリング

スケーリング

歯に付着したプラークが石灰化した「歯石」は、通常のブラッシングでは落とせません。放置すると口腔内の細菌感染が進んでしまうため、「スケーラー」という専用器具を使って歯にこびりついた歯石をきれいに取り除きます。

ルートプレーニング

ルートプレーニング

歯の根元の奥、歯周ポケットの中に溜まった歯石をしっかり除去します。同時に、歯石除去の処置でざらついた歯面をなめらかにし、汚れの再付着を防ぎます。

位相差顕微鏡

ブラッシング指導

口腔内に存在する数百種類の細菌を調べます。
口腔内に存在する細菌により治療方法が変わってきますので、その方に合った治療法で治療を行なっていきます。

3DS

ブラッシング指導

口腔内をキレイにした後、専用トレーを使用して薬剤を歯の表面に接着し、除菌・予防を行うものです。

歯周病は、歯科医院での専門的な口腔ケアで予防できます。
積極的に当院の予防歯科にお越しください。
歯周病は、歯科医院での専門的な口腔内ケアで予防できます。積極的に当院の予防歯科にお越しください。

  • ページトップへ戻る