抜けてしまったら必ず補ってください

虫歯や歯周病、事故などで歯を失った場合、そのまま放っておくのは危険です。失われた部分に隣の歯が倒れてくるほか、咬み合わせも乱れ、しっかり咬めなくなることがあるのです。その場合、その周囲の骨は急速に痩せていってしまいます。

そのうち慣れるだろう、と安易に考えず、インプラントなどの歯を補う治療を受けましょう。インプラントとは、歯を失った箇所の顎の骨の部分にインプラント(人工歯根)を埋め込み、その上から人工歯を被せて歯の機能を取り戻す治療です。歯を失った方のほか、現在お使いの入れ歯が合わないと感じている方も、どうぞお気軽にご相談ください。

インプラントはこんな方におすすめです

歯が抜けた状態のままの方

歯が抜けた状態のままの方

歯が抜けた状態のまま放置していると、隣の歯が傾いてきたり、周囲の骨がやせてきたりして、それが原因で治療法の選択肢が限られてしまうことになりますので、早めの治療が大切です。

ブリッジをお使いの方

ブリッジをお使いの方

ブリッジは、お手入れがしづらくなるだけでなく、使い続けるにつれて顎の骨が痩せてきてしまいます。顎の骨が痩せることで、ブリッジが合わなくなってきてしまうことも。

入れ歯が不安定な方、入れ歯をあまり使っていない方

入れ歯が不安定な方、入れ歯をあまり使っていない方

不安定な入れ歯にお悩みの方や、何らかの理由で入れ歯をあまり使っていない方も、インプラントを応用することで安定感を得ることができるようになります。
現在、合わない入れ歯でお悩みの場合は、患者様に合う入れ歯作りも行っておりますので、お気軽に当院までご相談ください

インプラント、入れ歯、ブリッジの比較

左右にスクロールして、表の内容を確認することができます

 

インプラント

インプラント

入れ歯

入れ歯

ブリッジ

ブリッジ

使い心地 固定式
違和感なく、自分の歯のような使い心地
取り外し式
違和感があることがある
固定式
ほとんど違和感がない
安定性 長期にわたり安定 歯ぐきの変化に合わせて調整が必要 歯ぐきの変化に合わせて作り直しが必要なことも
ほかの歯への負担 ほかの歯に負担をかけない 入れ歯を支えるためにバネをかけている歯へ負担をかける 両隣の歯を削る必要があるだけでなく、支えとするため負担が大きい
回数 4回(3~6か月程度) 最短2回(その後調整が必要) 2~5回(支えとなる歯の状態にもよる)
麻酔 抜歯と同程度の外科処置が必要 ほとんど必要なし 支えとなる歯の状態による

インプラント治療後のメインテナンスについて

当院では、インプラントをよりよい状態で長くお使いいただけるよう、患者様一人ひとりに応じたメインテナンスをご提案させていただいております。万全の体制で患者様をフォローいたしますので、安心しておまかせください。

【メインテナンスメニューのご紹介】

  • メインテナンス内容および期間のご説明
  • ご自宅でのケア方法のご説明
  • 気を付けていただきたい症状のご説明
  • ご自宅用清掃補助器具(歯ブラシ、歯間ブラシ、フロスなど)のご紹介
  • ご自宅用歯みがき粉、うがい薬などのご紹介

また、ご希望によりオーダーメードのクリーニングメニューをご提案いたします。詳しくはご相談ください。

歯を削らずに白くしたい方はコチラ

  • ページトップへ戻る