• HOME
  • 小児・マタニティ歯科

お子様の歯を守るために~小児歯科~

お子様の歯を守るために~小児歯科~

子どもは、まだ自分ではきちんとブラッシングすることができません。また自分のお口の中の異変にも気づきにくいでしょう。お子様の歯を虫歯から守ってあげるには、ご家族の方の力が必要です。

ふじみ野・上福岡の歯医者「けんと歯科」の小児歯科では、お子様の大切な歯を虫歯から守るための治療・予防に力を入れています。初期の虫歯は、大人の方でも見つけにくいものです。何もないときから、お子様を定期健診にお連れください。

子どもの虫歯は進行が早い?

子どもの虫歯は進行が早い?

永久歯と違い歯質が弱い乳歯は、虫歯が早く進行します。「歯が痛い」と言い出したときには、すでに重度の虫歯になっていることも。お子様の口腔内の様子を常に気にかけてあげ、虫歯の可能性に気づいたときにはお早めにご相談にお越しください。

子どもの虫歯は進行が早い?

幼稚園、保育園、学校などでは歯科の集団健診が定期的に行われますが、過信は禁物です。初期~中期の虫歯が見逃されることもありますので、ご家族の方が日ごろから口腔内の状況を確認してあげることが、お子様を虫歯から守ることにつながります。

乳歯の虫歯は放置しないで!

乳歯の虫歯は放置しないで!

乳歯はいずれ永久歯へと生え替わりますが、虫歯に冒された乳歯があったことで永久歯に悪影響を与えることがあるのをご存じでしょうか? 乳歯の時期から虫歯菌がお口の中で繁殖していることになるため、永久歯も虫歯になりやすくなってしまうのです。

また、乳歯の役割の一つに永久歯が生えてくる場所の確保があるのですが、乳歯が虫歯になって早い時期に失われてしまうことで、永久歯が生えてくる場所を確保できなくなり、歯並びの乱れを引き起こしてしまうことがあるのです。

乳歯の虫歯は放置しないで!

そこで、日ごろからお子様の乳歯を虫歯にしないように予防することが大切になります。ブラッシングで口腔内を清潔に保つのはもちろん、定期的に健診を受けるようにしましょう。そして、もし虫歯になってしまったら決して放置せず、きちんと治療を受けさせてあげましょう。

けんと歯科の小児歯科の取り組み

お子様の歯を健康な状態で維持するには、定期健診が欠かせません。当院ではお子様のスムーズな歯科通院を可能にするために、次のことに取り組んでいます。

キッズクラブがお子様の歯を守る手助けをいたします

キッズクラブがお子様の歯を守る手助けをいたします

当院ではお子様のお口の健康をお守りし、正しい咬み合わせに導くお手伝いをすることを目的に、「キッズクラブ」を開設しています。フッ素塗布を年4回無料で受けられるなどの特典をご用意していますので、お気軽にお問い合わせください。

キッズクラブがお子様の歯を守る手助けをいたします

また定期健診で虫歯や歯周炎、咬み合わせのチェックを行うほか、お子様へのブラッシング指導、歯並びを乱す悪習慣に対する注意、さらにご家族の方には栄養指導や間食指導、仕上げみがきの指導なども行っています。

なお虫歯菌は身近な大人のお口から子どもにうつりますので、ご家族の定期健診も重要なポイントです。ご家族ぐるみで定期健診を受けるようにしましょう。

痛くない治療で歯医者嫌いのお子様も安心

痛くない治療で歯医者嫌いのお子様も安心

当院では「痛くない治療」を行うために、電動麻酔器やレーザー装置などの先端設備を積極的に導入しています。さらに麻酔注射の針が刺さる痛みをなくす表面麻酔を行うなど、お子様に安心して治療を受けていただける体制を整えています。

痛くない治療で歯医者嫌いのお子様も安心

またもし虫歯が見つかっても、なるべく歯を削ることはしません。なぜなら一度削った歯は欠けたり割れたりしやすくなるからです。乳歯から永久歯への正しい生え替わりとともに、虫歯の経過もきちんと観察しながら、できるだけ歯を守る治療を行います。

治療を頑張ったお子様にごほうびを用意

治療を頑張ったお子様にごほうびを用意

当院では治療を頑張ったお子様に、ごほうびとしてシールやガチャガチャをご用意しています。ラッキーなときには、歯科技工用の石膏でつくった人形をプレゼントできることもあります。ごほうびを楽しみにして通っていただければ幸いです。

妊婦様の歯科治療~マタニティ歯科~

妊婦様の歯科治療~マタニティ歯科~

女性は妊娠するとホルモンバランスが変化し、またつわりが始まって食生活が変わったり、気分が悪くブラッシングがしにくくなったりして、お口の環境が悪化します。その結果、虫歯や歯周病になりやすくなります。しかし、「妊娠中だから歯科治療ができない」と思われていませんか?

確かに、妊娠中には使えない薬があるなど治療内容に制限が生じますが、時期を選べば治療を受けることができます。局所麻酔を行ってもお腹から遠いため、ほぼ問題ありません。妊婦様も、安心してふじみ野・上福岡の歯医者「けんと歯科」のマタニティ歯科までご相談ください。

妊娠中に歯医者に行くタイミング

妊娠中に歯科治療を受けることは可能ですが、できればタイミングを選ぶことが大切です。

妊娠初期
(4ヶ月ころまで)
妊娠中期
(5~8ヶ月ころ)
妊娠後期
(8ヶ月以降)
切迫流産のリスクやつわりもあってお口の中の処置は難しい時期です。強い痛みなどの急を要する症状でなければ、安定期まで様子を見ましょう。 安定期に入り、つわりも落ち着いてきます。この時期がもっとも歯科治療に適した時期です。自覚症状がなくても、一度歯科健診を受けましょう。 いつ陣痛が始まってもおかしくない時期です。お腹が大きくなって診療台に横になるのも辛くなりますので、急を要する症状でなければ、出産後まで様子を見ましょう。

定期健診を受けましょう

定期健診を受けましょう

妊娠中には虫歯や歯周病になりやすいにもかかわらず、これらの病気は初期に自覚症状が出にくいのが特徴です。自分では問題ないと思っていても、定期健診を受けることをおすすめします。

定期健診を受けましょう

定期健診を受けていれば、虫歯・歯周病の予防が可能になる上に、もし異変が見つかっても早期発見・早期治療が可能になり、妊婦様のご負担を軽減できます。出産後には、赤ちゃんのお世話に追われてなかなか自分の時間をとれなくなりますので、できれば妊娠中にきちんと対処しておきましょう。