子どもの虫歯は進行が早い?

永久歯と違い歯質が弱い乳歯は、虫歯が早く進行します。「歯が痛い」と言いだしたときには、すでに重度の虫歯になっていることも。お子さんの口腔内の様子を常に気にかけてあげ、虫歯の可能性に気付いたときには早めにご相談にご来院ください。

幼稚園、保育園、学校などでは歯科の集団健診が定期的に行われますが、過信は禁物です。初期~中期の虫歯が見逃されることもありますので、保護者の方が日頃から口腔内の状況を確認することが、お子さんを虫歯から守ることにつながります。

乳歯の虫歯は放置しないで!

乳歯はいずれ永久歯へと生え替わりますが、虫歯に冒された乳歯があったことで永久歯に影響を与えることがあるのをご存知でしょうか? 虫歯菌がお口の中で繁殖していることになるため、永久歯も虫歯になりやすくなってしまうのです。また、乳歯の役割の一つに永久歯が生えてくる場所の確保があるのですが、乳歯が虫歯になって早い時期に失われてしまうことで永久歯が生えてくる場所を確保できなくなり、歯並びの乱れを引き起こしてしまうことがあるのです。

日頃から、お子さんの乳歯を虫歯にしないように予防することが大切です。ブラッシングで口腔内を清潔に保つのはもちろん、定期的に健診を受けるようにしましょう。そして、もし虫歯になってしまったら決して放置せず、きちんと治療を受けさせてあげましょう。

当院の小児歯科診療に対する取り組み

虫歯を予防するには、ブラッシングなどの正しい習慣を子どもの頃から身に付けさせることが大切です。ご家庭での習慣付けには、ご両親のご協力が欠かせません。当院では、保護者の方へのアドバイスを行っておりますので、お気軽にご相談ください。

また、並行して歯科医院での適切なケアを受けることも虫歯予防には重要です。当院ではさまざまな虫歯予防メニューをご用意していますので、ぜひプロケアを受けにお越しください。

一緒にお子さんの歯を虫歯から守りましょう。

【当院でのケアのご紹介】

  • 定期健診
  • シーラント
  • フッ素塗布
  • PMTC
  • ブラッシング指導

お子様が歯医者嫌いにならないために

保護者の方の何気ない言動でお子さんを歯医者嫌いにしてしまうことがあります。次のようなポイントに気を付けて、お子様と歯医者との心の距離をぐっと縮めましょう。

ポイントその1 歯医者に行く心の準備期間を設けて

お子様を怖がらせまいと、何も知らせずいきなり歯医者に連れて行くと、お子様はかえって身構えてしまいます。受診の数日前からお子様に予定を知らせて、心の準備ができるようにしてあげましょう。お口の中が元気になって気分もよくなることを伝えて、歯医者が楽しみになるといいですね。

ポイントその2 保護者の方もリラックス

歯医者に来て保護者の方が緊張したり不安がったりすると、その気持ちはお子様にも伝わり、お子様も不安に感じてしまうものです。どうぞ保護者の方は穏やかな気持ちで、お子様と一緒にリラックスしてお越しください。

ポイントその3 「歯医者」という言葉を罰として使わないで

お子様を叱った際に、「今度同じことをしたら歯医者さんに連れていくよ!」や「歯医者さんで注射してもらうから!」というように、「罰=歯医者」にとお子様が受け取ってしまうような使い方をしないようにしましょう。このようなちょっとした言葉がけが、歯医者に対するマイナスイメージにつながってしまうのです。

けんと歯科のキッズクラブ

当院では、「キッズクラブ」を設け、お子様のお口の健康を守り、正しい咬み合わせに導くお手伝いをしております。フッ素塗布が年4回分無料で受けていただけるなどの特典をご用意しております。まずはどうぞお気軽にお問い合わせください。

当院では、お母様とお子様のためのサイト「お母さんと子供の歯科治療ガイド」を監修しております。お子様の歯を守るためのヒントがいっぱいです。

けんと歯科がお届けする「お母さんと子どもの歯科治療ガイド」大切なことは”予防”です

けんと歯科 けんと歯科へのご予約・お問い合わせはコチラ

  • ページトップへ戻る