虫歯かも?と思ったら

歯がしみる、痛いといった症状があらわれている場合、虫歯になっている可能性があります。

虫歯は、実は最終的には歯を失ってしまうこわい病気です。いったんなると自然に治癒することはなく、ある程度進行するまで痛みなどの自覚症状がほとんどありません。「ちょっとしみるだけだから」と放っておくと取り返しのつかない状態まで悪化している可能性も。虫歯かも……と思ったら早めに受診しましょう。

その歯の痛み、放置すると大変なことになります

歯が痛むけど、歯医者は行きたくない……とそのままにしてはいませんか? 痛みをしばらく放置しておくと痛みが消えますが、「治った」と勘違いして、歯医者に行かないまま放っておくのは非常に危険です。虫歯が神経にまで進行し、壊死してしまったことで痛みを感じなくなってしまっただけなのです。

そこまで悪化すると、歯を抜かざるを得ない状況になることがあります。他の歯も虫歯に冒されている可能性も高く、2本、3本と続けて失ってしまうことも少なくないでしょう。入れ歯やインプラントなどの補綴治療が必要になるので、結果的に治療期間も費用もかかってしまいます。

少しでも違和感や痛みがあるときは、早めに歯医者を受診することをおすすめします。

虫歯の進行段階と治療法

左右にスクロールして、表の内容を確認することができます

進行段階 症状と治療法

C0 初期の虫歯

C0
初期の虫歯
  • 歯の表面にあるエナメル質の表面が白く濁った状態
  • 溝部分が茶色になることもあるが、見た目にはほとんど分からない
【治療】
  • 適切なブラッシングやフッ素塗布で再石灰化を促すことで治癒が期待できる

C1 エナメル質の虫歯

C1
エナメル質の虫歯
  • エナメル質が細菌に冒され穴があいた状態
  • 痛みなどの自覚症状はほとんどない
【治療】
  • 虫歯部分を削り、歯科素材(レジンなど)で補う

C2 象牙質の虫歯

C2
象牙質の虫歯
  • エナメル質の内側にある象牙質まで冒された状態
  • 冷たいものや甘いものなどがしみる
【治療】
  • 虫歯部分を削り、詰め物(インレー)を入れる

C3 神経まで達した虫歯

C3
神経まで達した虫歯
  • 細菌が歯髄(神経)まで達した状態
  • 炎症を起こし、激しく痛む
【治療】
神経取る「根管治療」を行う

C4 歯の根まで達したの虫歯

C4
歯の根まで達したの虫歯
  • 歯の大部分はなくなり、歯の根だけが残った末期の状態
  • 神経が死んでしまっているので痛みを感じなくなるが、放置すると再び痛む
【治療】
  • 抜歯せざるをえなくなる。その後、入れ歯やインプラントなどの補綴治療を行う

虫歯は治療できますが、一度治療した歯は健康な歯よりも再発しやすくなります。ですから、治療後の予防がとても大切です。定期的に予防歯科に通って、健康な歯を維持しましょう。

当院では予防やメインテナンスに力を入れています。お気軽にお問い合わせください。

「予防歯科」について詳しくはこちら 「予防歯科」について詳しくはこちら

  • ページトップへ戻る